« お芋の季節 | トップページ | テディベア »

人生の設計図

きょうは、月1回、大井町きゅりあんで第2木曜日の夜7時からやっている、異業種交流会のお話。いつも一人が講師になって、テーマを決めて60分、お話しをします。それについて、皆で討論会や質疑応答をします。今回は、英語と金融と講演とテニスが得意なTさんでした。「僕ってなにができるん?」というシートを作ってきて「自分の仕事は自分で作る」自分のストーリーを自分で書く」を、自分の強さと弱さを振り返りながら自己分析の結果と目標宣言をしてくれました。 

そこで、私も、臨床獣医師・藍弥生・パーソナリティ・・・私って何が出来るの?シートを作りました。隣に座ったSさんが、今度初めてセミナーたのまれたから、どうしよう・・・と相談も受けたので、そのシートも作りました。少しずつ、いつものペースで、夜は、原稿書いたり、調べものしたり・・・そうそう、父の追悼歌も、本誌に掲載することになり、いくつか作りました。

今夜から、1首ずつ、紹介しますね。

もう一度温泉

それを目標にしていた父

どんな状況でも

好きなことを

見つけなさいと

いくつになっても、すきなことがあると、まわりに人は、ほっとしますネ。おばあちゃんになっても、好きなこと、続けていけたら、いいな。

|

« お芋の季節 | トップページ | テディベア »

コメント

 藍ちゃんほど好きなことが一杯あって、それをこなして、出来る人はそんなにいないよ。だんなさんや家族の協力が大きくものをいってる。忘れちゃいけないよ。今の明るさ、優しさを忘れず、欲張り過ぎなければ、おばあちゃんになっても大丈夫だよ。
昨日のコメントで千の風ミニコンサートに展示された写真のことで説明不足だった。実は、コンサート会場の正面に展示された「風」を写した素晴らしい写真は、藍ちゃんのお父さんが運んでくれたものだ。コンサート主催者のこころちゃんが藍ちゃんのお父さんを見舞ったとき、光川さんも来ておられ、話をしたのが切っ掛けだった。だからあの写真の中にお父さんもおられた。
どれも本当に風になって写したのかな、風になるときはこんな風になりたいと思うような見事な傑作だった。ちなみに、五行歌機関誌「ハマ風」の表紙は全部光川さんの作品。光川さんありがとうございました。
今日は篠笛教室、コスモス(患者会)

投稿: 迷探偵 | 2006年10月16日 (月) 08時17分

好きなことが出来るって素敵なこと、幸せなこと。でも腰さんのおっしゃる通り、それを支えてくれる人達が必ずいることを忘れてはダメですね。
「千の風ミニコンサート」も無事終わり、ほっとしています。来て頂いた方、ご協力下さった方、応援してくださった方、みなさんに感謝いたします。
そして昨日は「笑い療法士フォローアップ研修会」でした。いつも一流の講師によるお話で、それだけでも得した気分です。大好きな高柳和江先生が「言葉の奥にある相手の気持ちに心を傾ける」ということをおっしゃっていました。むずかしいことですが、心がけていきたいと思います。「笑い療法士」に興味のある方は来年春にチャレンジしてみては如何ですか?

投稿: こころ | 2006年10月16日 (月) 12時54分

こころさんの「言葉の奥にある相手の気持にこころを傾ける」と高柳先生の言葉。とても難しいけれど考えてみたいと思います。笑い療法士は 興味がありますが かなり難しそうですね・・・?このたび 自分の不注意で手首を骨折(ひび)しましたが 些細な事でも 健康な状態でないと 気持もつい後ろ向きに・・・そんな時に 友人達のちょっとした気遣いは 本当に嬉しく感じます。
好きな事も 「身も 心も健康!」でないと 出来なくなるのですね。ちょっと 弱気になっている・・オカリナ

投稿: | 2006年10月16日 (月) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/12297963

この記事へのトラックバック一覧です: 人生の設計図:

« お芋の季節 | トップページ | テディベア »