« ウサギの疾病 | トップページ | 自然の力 »

あさりご飯とコロッケ

父は、ついに食事が難しくなり、皮下点滴か中心静脈の高カロリー輸液にするかの選択をすることになりました。父は、ヒロに任せる、と答えたそうで、先生から電話がありました。弟は、もう少し親父と話がしたい、夫は、可能性がある方にしてみたら、と。わたしも、父はどんな時もあきらめるな、挑戦することに意義がある、と言う人なので、皆の意見が一致して、肩に栄養の命のしずくの通り道、つけました。すこし、ぼーっとしていたり、動こうとしますが、もう、ムリに飲んだり食べたりしなくてもOKなので、ほっ。ぶどうをしぼって、なめたり、しています。オムツになりましたが、教えてくれるし、変えるとき協力して、腰を上げてくれるので、たすかっています。

中学時代からのお友達が、昨日のブログを読んで、今日は私の番と、あさりご飯炊いて、コロッケ持って、自転車で聖路加にきてくれました。弟と末っ子と3人で食べました。夜10時、夫が車で迎えに来てくれました。

担当の先生から、週単位というより、1日1日大事にしていきましょう、と言うお話。父が日記に書いてあった、医師団の皆様あてのページをコピーしてあげたら・・・先生が涙ぐんじゃって・・・父は、ここでも、女を泣かせてしまいました!優しい先生に囲まれて、皆に惑星応援団みたいにしてもらって、本当に幸せな人生だとおもいます。明日、少し、元気になってるといいな。

|

« ウサギの疾病 | トップページ | 自然の力 »

コメント

辛い話だよね。「ヒロに任せる」全幅の信頼を藍ちゃんに寄せられておられることがその一言に滲み出ている。厳しい現実にたじろぎもせず医師を感動させる文章が書ける。それが奇跡なのかもしれない。その厳しい現実をそのままこうしてブログに書き込む藍ちゃんに、傍から何もしてあげられない。これ以上何も書けない。
トライアングルの豪さんから激励のプリンを送ってもらった。こっちまでお父さんのお裾分けして頂いているようで申し訳なく、感謝の仕様もない。藍ちゃんの世界にいる方は皆優しい方。
夕べは仲間の好意で奥湯河原の名湯(つばき)で孫娘と一緒にお世話になった。アルコールを医者に止められているし監視役(孫)が付いているので飲む訳にもいかず、皆が飲んでいる間篠笛をたっぷり吹いた。仲居さんもしばらく手を休めて聞いていた。ガン太郎もびっくりしたことと思う。千の風になって篠笛のメロディーを皆さんに届けるとき聞き苦しくないよう、しばらくガン太郎には休憩しているよう言い付け、藍ちゃんのお父さんから頂いたお守り抱いて篠笛の修行に励げもうと思う。
辛い峠はみんなで越えよう。

投稿: 越探偵長 | 2006年9月30日 (土) 18時07分

藍ちゃんの体も心配です。
たまには体を休めてね。
それから、何もしてあげられなくてごめんね!
10月14日のミニコンサート、「千の風になって」の歌声が
聖路加のお父さんのところにも届くといいなぁ~。
届きますように…

投稿: こころ | 2006年9月30日 (土) 19時37分

探偵長の自称「不肖の弟子」です。ブログというものに書き込みをするのは初めてなので緊張しますが、探偵長から促され、藍さんご家族の絆に感動しつつ思い切って書きます。JBKは私にとっても理想ではありますが、丈夫でなくても、呆けていても、コロリといかれなくても、その人を心から愛するものにとっては、たとえどんな状態になっていても、とにかく「いてくれる」、それだけで励みになっていたのだ、ということを最近両親との別れに直面して実感しました。体につけられた管が増えようが、どんなにやせ衰えようが、人としての尊厳は、そんな外側の変化などに決して左右されないぐらい確かなものでした。父の、そして母のベッドサイドで過ごした濃密な時間は、私にとってかけがえのない時間で、愛された記憶とともに今でも自分を支えてくれています。お父様と藍さんご家族もきっと密度の濃いいい時間を過ごされていることでしょう。

投稿: 貴 | 2006年9月30日 (土) 23時31分

人と接するときも、仕事も何もかも、後悔しない様にしっかりやりたい。。。

そうは思っても、モチベーションか下がってしまい、意気が上がってしまうのですが、藍先生のブログを見ると、もうちょっと頑張ろう、って素直に感じます。

投稿: 家畜のお医者さん♀ | 2006年10月 1日 (日) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/12090456

この記事へのトラックバック一覧です: あさりご飯とコロッケ:

« ウサギの疾病 | トップページ | 自然の力 »