« 院展(9月16日まで) | トップページ | ちゅらり(琉球ダイニング) »

携帯記念日

父と母に、携帯を持たせました。いつでも、どこでも、つながるように。ところが・・・大事に飾ってあって、着信が12件とか、どうしていいかわからない事だらけだから、って置いてきちゃったりで、なかなか、思うようには、行きません。必要になってからでは、遅いんですね。いらないって言ってたころに、ムリにでも、持たせればよかったです。

父は、6月はじめに黄疸で入院するまで、病院の伝表の綴じをしてくれていたのですが、それを、また、はじめるから、持ってきなさいといいました。そんなことより、自分のやりたいことからでいいのに、と思ったけれど・・・もしかしたら、それが、気になっているのかも、と思ったので、持って行きました。広告のいらない紙を切って、日付順でレシートをはって、穴あけで紐で閉じて・・・なんでも、これは、日本銀行のやり方だそうです。

聖路加に来て、笑顔・食欲・意欲が、すこしずつでてきて、ここにきて、よかったな、とおもっています。

|

« 院展(9月16日まで) | トップページ | ちゅらり(琉球ダイニング) »

コメント

私もガンになった時、2人で携帯を持ちました。たわいも無い会話やメールですが一寸した時相手の声を聴くと心が落ち着きますね。定年になったら絶対離婚だ~なんて思っていたのですが、病気になり家族の有り難さが判ったり・・病から貰ったものも多いです。

投稿: 梅 | 2006年9月 5日 (火) 06時53分

うちでも出て歩くのが好きな父に持たせようか…と話しています。文字が大きくて、機能の単純なもの。そしたら娘ったら「母もそういうのでいいんじゃないの?!」確かに、最近老眼が進んで、眼鏡なしでは文字が見えなくて…う~ん反論できない!!
お父さんのポレポレと日々を送っている様子が伝わってくる文章に、ホッとしています。

投稿: こころ | 2006年9月 5日 (火) 08時43分

お父さんの健康状態が聖路加に来て藍ちゃんの仕事のお手伝いしようと言う気持ちになったり、改善の兆しが見えてきた。よかったね。みんなのために何か役に立ちたい、目標が生きがいになり希望につながって、笑顔が生まれる。お父さんの笑顔は家族の絆・みんなの心が勝ち取ったものだね。
携帯は退職して職場からの呼び出しもないし不要と考えていた。ところが孫が持つようになって孫との連絡・対話には欠かせなくなった。家のバアチャンは「外に出ないからいらない」と絶対持とうとしない。梅ちゃんドキットすること言うね。でも今平和ならいいや。そう、病気から貰うものは喜怒哀楽様々だけど大切なものが多いね。貰い過ぎてそれが未練となって覚悟が決まらない。愚者には愚者の悩みがあって限がない。藍ちゃん暑さ負けしないように頑張って!!!。

投稿: 越 | 2006年9月 5日 (火) 08時49分

はじめまして。
私は北関東某所で大学の牧場で獣医師担当の飼育員(?)です。

実はこちらのブログを、山形農業共済のI先生から教えていただきました。
これからお邪魔したいのでよろしくお願いします。

携帯、昔に比べると本当に便利になりました。昔は田舎だったので、使える地域が限られていましたし。。。

両親と離れて暮らしているので、よく携帯メールでやり取りしたり。
父も持ち始めてここ最近使い慣れたようで、メールにも父の性格が表れてなんかほっとします。

携帯を使いこなそうという目標がお持ちになれたと思います。
ゆったりと、楽しい時間で、過ごされる事を切に願います。

投稿: 家畜のお医者さん♀ | 2006年9月 5日 (火) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/11765151

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯記念日:

« 院展(9月16日まで) | トップページ | ちゅらり(琉球ダイニング) »