« 産経新聞・2006・9・6 | トップページ | 千の風になって »

ピアノ弾き語りコンサート

聖路加に、ソプラノ歌手の西田さんが来てくれて、ピアノのある談話室で、ミニコンサートをしてくださいました。曲目は、父と母のリクエスト曲で、赤とんぼ・春の小川・富士山・こいのぼり・夏はきぬ・隅田川・荒城の月・雨雨ふれふれ・どんぐりころころ・小さい秋みつけた・山小屋のともし火・ふるさと・やしの実・海は広いな・シャボン玉・雪の降る町を・・・次々一緒に歌ってくれて、たのしいひとときでした。

母は、ついに、聖路加の父の部屋に、ベットを入れてもらって、入院しました。うつが、よくなるといいな。父に、「しょうがないお荷物だけど、面倒見てやってね!」といって、おいてきました。犬・猫・ウサギ・動物OKの聖路加ですが、人もOKなので、おおだすかり。これで、父も、当分忙しくて、死んでるひまなんて、ないんじゃないかなー。

そうそう、ラジオでは、娘のバンドの告知もしてくれました。ピンキー・ピグレッツの「ハダカの」20日までに、渋谷のタワーレコードで、予約(1200円・商品番号XQBQ1001)してもらえると、インディ-ズチャート部門に、チャートインできるそうで、どうぞよろしくね。

|

« 産経新聞・2006・9・6 | トップページ | 千の風になって »

コメント

お母さんも一緒に入院。大変だけど、夫婦が同室に入院できたのは、聖路加だから出来ることだと思う。お互い一人で心配し合っているよりいいかもしれないね。うつは今いい薬があるから、早く的確な治療をすれば必ず回復する。お二人とも病人なんだから、当分お母さんのことはお父さんとお医者さんに任せる形にして、それ以外の人が色々言わないで、優しく見守っていくことがいいかもね。お母さんには家族の優しさ・思いやりがどんな薬より効果的。(素人が色々言うことじゃないね。)早く好くなって、お父さん計画の家族そらって温泉旅行が実現できるよう祈っております。
放送聞いた。歯磨きの大切なことよく分かった。視聴者から、藍先生が、動物のことを「うちの子」と言っていてその一言に優しさを感じた。と褒めていた。同感!!。明日香ちゃんのことも聞いた。今日は朝から雷に起こされてしまった。篠笛教室、コスモス行くつもりだが雨次第。

投稿: 腰 | 2006年9月11日 (月) 06時14分

小学生の頃よく歌った歌がたくさんある!!!(^^)

今でもメロディが流れると、あるいはふと頭に浮かぶと、口ずさみます.
心がじんわり温まるんですよね.
素敵な時間を過ごせて、こちらもそんな光景が目に浮かび、ちょっと和みました.

投稿: 家畜のお医者さん♀ | 2006年9月12日 (火) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/11848910

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノ弾き語りコンサート:

« 産経新聞・2006・9・6 | トップページ | 千の風になって »