« ウオーキングシューズ | トップページ | 精進料理の差し入れ »

オーロラに包まれて

文化放送の生、「宏子先生の動物クリニック」に、浜松町へ。松原のぶえさんと千田さんと、パーソナリティを楽しんだ後、有楽町で下車。富士フォトサロンで、オーロラの写真展を、夫とみました。ビデオも上映していて、そのなかのフレーズ。「死は、他の命を救う糧となる」土に返って、地球に戻って、みんな、アンドロメダにいる。どんなに元気な人だって、100パーセント、死んじゃうんだよね。生まれ変わったら・・・何になろうかな?

父の病室に、ぶーちゃんと弟が、来てくれました。ぶーちゃんが、早く着いた時は、洗濯物を、まわしておいてくれることになりました。ありがたいことです。私が来るころに、出来上がってる、という仕組み。動物病院もそうだけど、連携プレーがうまくいくと,こなせる仕事の量が、ちがってきて、大助かり。

|

« ウオーキングシューズ | トップページ | 精進料理の差し入れ »

コメント

県Gセンターのボランテアの仕事の第一は患者さんの洗濯物をする事です。遠くから来ている人やお見舞いに余り家族がこれない患者さんは洗濯物が溜まりボランテアが来るのを待っていてくれます。ホカホカに乾いてフンワリとした温かい洗濯物を患者さんに届けると「ありがとう」の一言でこちらも嬉しくなりますね。藍さんのお父さんの所は毎日お見舞いの人が来ておられ温かい病室でホッです。

投稿: 梅 | 2006年8月28日 (月) 05時09分

お父さん出血の方落ち着いてきましたか。放送が始まる寸前友人がブロッコリーの苗を持って来て話し込んで聞けなかった。ごめん。死んだら何になる? これまで色々考えていたが、決めた。「千の風になる」。千の風になって・・・訪問先を想像するだけで楽しくなってくる。今よりうんと自由で楽しいよ。キット?。藍ちゃんのところに行くといい人に会えるし、美味しいもの食べられるからしょっちゅうお邪魔するからね。
このブログでは親子、家族、仲間、人の心、生と死・・・人生を見直しながらいろいろのことを教えてもらって感謝している。千の風になって最新情報持って行って恩返しするからね。
今日は午後、GセンターでMRI検査のやり直し。8時以降飲食禁止。時間があったらホウレン草、チンゲン菜の種まき。今更手遅れだが、野菜うんと食べて体質改善しなくては!デカが泥縄じゃ絵にならないが、安楽死で千の風にさせてもらうためには医者の言うことも素直に聞く振りだけでもしなくては。毎日コメント見たり書き込みするのを楽しみに頑張っている。
ようやく新聞配達が動き出し夜が明けてきた。

投稿: 腰 | 2006年8月28日 (月) 05時15分

介護は一人で頑張り過ぎず、時には甘えてお願いする…ということも大事なことだと思います。我が家はアルツハイマーの母を抱えているので、隣に住む妹家族の協力は欠かません。料理が趣味で家のことを切り盛りしていた母でしたが、最近は一人で出来ることも、少しずつ少なくなってきています。「がっちゃん」も辛いけど、記憶がなくなるということも辛いことだと思う毎日です。

投稿: こころ | 2006年8月28日 (月) 07時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/11640267

この記事へのトラックバック一覧です: オーロラに包まれて:

« ウオーキングシューズ | トップページ | 精進料理の差し入れ »