« 弟 | トップページ | 文化放送 »

ネーミング

ネーミングって、大切だなって思うことが、よくある。たとえば、フードの名前。しゃれていても、わかりにくかったり、長すぎたりすると、覚えにくくて不便だし、CM効果が今いちになる。

おとといから、父の闘病日記の表紙は、「Gセンター闘病記」になっている。がんセンターよりGセンターのほうが、GoodのG みたいで、なかなか見栄えもよく、安心感が漂う。そう思って見つめていると・・・Great、偉大な・優れた・すごいのGかもしれないし、Get、チャンスや幸せを手に入れるのGかもしれない。いっそのこと、父の案を取り入れて、「Gセンター」にしてみたら、イメージが、マインドコントロールにつながって、免疫力がアップしそう。

今夜の父は、黄疸がちょっと取れていて、ほっとしたわたしです。

|

« 弟 | トップページ | 文化放送 »

コメント

藍ちゃんのお父さん黄疸が少し改善された由よかったね。早く次の治療に移行できるといいね。
ネーミング、確かにそうした発想の転換は大切。Gは元気のGでもあるからね。
今朝のコメントに書き込んでいる梅津さんGセンターで藍ちゃんやお父さんにもお会いしている人です。文化放送も聴いてくれるそうだからがんばって!。今日はこれから館山に朝日カルチャーの辰濃先生の文章を旅する会に参加。明日の12時まで講義があるから放送聴けないかも・・・。

投稿: 越 | 2006年7月 1日 (土) 07時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/10741179

この記事へのトラックバック一覧です: ネーミング:

« 弟 | トップページ | 文化放送 »