« 文化放送 | トップページ | 七夕の願い事 »

お気に入り(マザーリーフ東銀座)

6月28日からの「銀座の女」も板に付き、特急の時間・乗り継ぎ・どこが改札口に最短距離かはもちろんのこと、病院内の洗濯機とランドリーもマスター。スカイレストランに喫茶店も見つけ、しかも、レストランのものを病室に持ち込めることも発見!

さらに・・・イケメンの男の子がいて、禁煙のレストラン、Gセンターそばの「マザーリーフ」東銀座店も、お気に入りにリスト入り。取り皿をいわなくても持って来てくれたり、隣のテーブルをくっつけて座席を広くしてくれたり、気の利くスタッフが勢ぞろい。

オー、これも父のおかげ。父が言うには「人それぞれに神様にもらってきた寿命があって、がん細胞が動き出したときには、その合図で、そこからの生き方が、自分にも、家族にも、周りの人にも、大切なのかもしれないね」

Gセンターの七夕は、つくの商店街の七夕の願い事と違って、涙なしでは、読めません。重くて、深くて,濃い、願い事です。みんなが、こころとからだ、げんきになりますように。

|

« 文化放送 | トップページ | 七夕の願い事 »

コメント

「人それぞれに神様にもらってきた寿命があって、がん細胞が動き出したときには、その合図で、そこからの生き方が、自分にも、家族にも、周りの人にも、大切なのかもしれない」
お父さんがおっしゃる言葉まったくそのとおりです。厳しい状況の中で逃げないで、患者を中心に家族が一丸となって向き合って行く姿勢が大切です。人間には医学も科学も解明できない偉大な力が秘められている。どんな時でも「負けてたまるか」の精神を忘れないことが肝心。
藍ちゃんが銀座の女に慣れ切ってしまわない内にお父さんが退院されることを祈っております。昨日と一昨日送信したつもりのコメントが消えてしまった。新しくしたパソコンも調子が悪いし病気になるとパソコンにまで馬鹿にされるのかな?

昨日館山から帰って畑の隅の竹を何本も切って、近所の子供たちに分けてやった。毎年のことだが喜ばれた。今晩行きつけの居酒屋にも一本届けるつもり。確かにホスピスの七夕様は何とか願いをかなえてもらいたいと願わずにはいられない。藍ちゃんのお父さんが早く退院するように!!
今日は篠笛教室。入院準備?。病院に持っていくノートパソコンは何とか確保できた。

投稿: 迷探偵 | 2006年7月 3日 (月) 06時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/10766861

この記事へのトラックバック一覧です: お気に入り(マザーリーフ東銀座):

« 文化放送 | トップページ | 七夕の願い事 »