« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

一歩前進

とうとう、管をはずして、ステントだけになりました。うまく、胆汁が流れてくれたら、いいんだけど。温泉への第一歩です。

聖路加と静岡県立がんセンターの、ホスピスを調べました。銀座か、富士山か、です。マ、このままここも、いいんだけど?

13日と20日にたのまれた教育講演のパワーポイントが、完成して、ほっ。後は、原稿、トークショー?の台本つくりです。だいたい、できているんだけど、時間との調整をしながら、どこまで話すか、決めていきます。ほのぼの・元気・たのしい・明日も頑張ろう・って言うセミナーに出来たらいいな。臨床のアイデアと、ビジネスマナーを、やります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

社長

父の病室に行ったら・・・吐き気があって、元気がありません・・・。県立Gセンターに通っているこころちゃんが、来てくれました。ブログで人気者になった、おむかいさんにまで、お見舞いもって。おむかいさんは、胃がないのに、もう、普通食!ばんばんたべて、タバコ、すって。「いいの?」ってきいたら、「吸わないほうがストレスになっちゃうよ」

新しく入院してきた人は、前もこの部屋にいた人でした。父のことを「社長、少しは、食べた?」というので、「社長じゃないよ」、っていうと・・・「年輩は、先輩だから、社長か先生っていえば、まちがいないんだよ」最後は、人生哲学、ここで学ぶんだそうです。

あ、そうそう、文化放送・新社屋は、9階のスタジオで、浜離宮がみえて、ピカピカです。セキュリティが、厳しくて、中に入るのも、トイレに行くのも、大変だけど。ゲストは、日野美歌さんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花火

隅田川の花火が、見えるかな?とおもったら・・・花火が見えるのは、A棟の窓側でした。せっかく、16階の隅田川沿いのGセンターにいるのにねー、っと、話題のお向かいさんと、残念がりました。彼は「今だけ、女性病棟に変えてよ」と、交渉していました。

元気いっぱいの彼は、スナック菓子をしたの売店で購入。一袋ぺろりとたいあげ、「胃なんてないのに、おいしいなー」とばりばり。血糖値が300になり、看護婦さんに、「糖尿病なのに、まだおもゆなのに、何か食べたでしょう!」とばれて、食ったもん勝ちーの笑顔で、にんまり。

父に持っていった、三島のH先生から送られてきたうなよしさんのうなぎも、お向かいさんのほうが、いっぱい食べました。「あー、ビール、それがあったら、最高に充実してるのになー」。それでも父は、由紀ちゃんの差し入れの、たねやのくずきりを、おいしそうに全部たべてくれました。

さあ、今日は、文化放送、11時半から、「宏子先生の動物クリニック」松原のぶえさんが、ゲストで、リスナーさんからのQandAを、さくさくお答えしていく予定。★きいてね♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

おむかいさん

父の病室のおむかいさんは、たのしくて、げんき。膵臓癌で、1年といわれたのに、「生存率、1パーセント、俺が、書き換えるー」っている人。おととい、すい臓のがんと、転移した胃と肝臓を手術したのに、おおまたで、すったすった、16階を20周はしてる。「痛くないの?」と聞くと、「モルヒネ、バンバンだもん!歩いたほうが、メシがうまいしねー」「えっ、もう食べていいの?」「だめらしいけど、今、交渉中。それしか、たのしみないしさ」48歳。「あと、1年っていわれたから、すきーなことしてきたのに、まだ、生きてるからさ、やること、なくなっちゃうよ」。ひとつ年上のママも、めっちゃ明るい。「ほんとよー。後1年って言うから、私だって計画してたのに、狂っちゃうしー」

私が、持っていた、ヨックモックのシガールをみて、「見たら食いたくなっちゃうよ」と、あっという間に、食べてるところに先生が・・・。「あれ、もうたべてるの?」「そ。うまいっすよ」まわりが、はらはら。「先生より、看護婦さんのほうがうるさいんだよなー」だって。

もう、何回目かの入院の彼曰く。「見てるとサー、どうしてこうなっちゃったんだろう、とか、悩んじゃう人は、いなくなっちゃうんだ。開き直って、好き勝手やってる人とは、またあえるんだよ。ははは。」こんな元気な人が、なんでここにいるのかとおもうほど、人1倍元気。人生の達人だとおもうな。

「今夜は、俺が、お父さん、見とくから、平気だよ」と、今日、ステントをつけて、うとうとしている父が、ちょっと心配だったけど、これで安心。経験豊富な看護士さんが、いるようなもの。おととい、手術したばっかりのお向かいさんに、元気もらって、かえってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ソーシャルワーカーさん

きょうは、これからのさまざまなことを、2階のソーシャルワーカーさんに,聞きに行きました。ゆっくり、じっくり、話を聴いてくれる方で、物腰が柔らかく,ほわっと包み込んでくれる雰囲気でした。ありがたいなーと思った、ひとときでした。な・ん・と・・・偶然にも、小・中・高の後輩で、校庭にウサギや鶏がいたこと・獣医師の石手先生がいたこと・名物先生のおっぱら・こまつばら・・・昔話にも花が咲きました。

さて、夜の先生の話は、こちらもていねいでわかりやすく、がんとみんながわかっているにもかかわらず、おでき、といってくださる先生です。明日、ステントという金具を入れて、温泉行きへの第1歩に,挑戦してくださいます。

父は、81歳でも、目標・好きなことがあるから、前向きに、次のステップに向けて、サインするんだろうなあと思いました。やりたいことが、ある人って、強くなれるし、優しくなれるのかも、ね。

ソーシャルワーカーさん・先生方・父を見ていて、みんな違う仕事でも、同じだなって、思った夜でした。聖路加さんに、資料請求をしました。一つ一つ、1歩ずつ、勉強中の我が家です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お気に入り(花蝶)

大学の後輩で、薬品会社にいるBF、I先生が、父のところに夏色の花かごを持ってきてくれました。父は、温泉五行歌の本を、うれしそうにみせていました。

そのあと、Gセンターのすぐ近くにある熱帯魚屋さん、パウパウアクアガーデンに連れて行ってくれました。ここは、銀座とは思えない別世界。大きな亀は、床にいるし、色とりどりの水槽に、沖縄のちゅら海水族館をおもいだしました。2階に、熱帯魚を見ながら珈琲を飲めるところがあって、ここを父の銀ブラ第1号にしようとおもいました。

そして、夕ご飯は、宮本亜門さんがプロデュースした花蝶というお店にいきました。ふすまに、ダチョウの絵が描いてあったり、らんまがあったり、トイレに蝶がいたり・・・不思議な空間で、西洋懐石をご馳走になり、さらに私は、パワーアップ?

昔、リヨンの空を一緒に見たり、薬のデータを共同研究したりしたことが縁で、今は、仕事は別々ですがなかよくしてもらっています。銀座の楽しみ方が、またひとつふえて、父のおかげで、忙しいけど、楽しい夜でした。

そうそう、もうひとつ、父の冷蔵庫には、いつのまにか、おいしいゼリーが詰まっていて、ねこの患者さんでラココットというレストランをやっているさなえちゃんが、きてくれたそうです。つるっと食べられるから、大喜び。

みーんなに応援してもらって、父は幸せ者です。笑顔も顔色も、ますますよくなって、うれしいな。27日は、いよいよ大詰めの説明・28日は、ステントを埋め込みます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

成田さんのお守り

先週、四国の直島エコツアーの写真がSちゃんから届きました。なんと、ファイルに入って、アルバムになっていて、しかもコメントつき。今、父の病院・うちの動物病院の仕事・8月の教育講演の準備・ラジオの台本つくり・で目いっぱいなので、カメラも持っていかなかったので、こんな形で、写真が届き、大感激! 早速、父に見せて、と・・・一番後ろのページに、なんと、成田さんのお守りが2つ。勝負に勝つお守りと、身を守るお守りと。

父は、大喜びで、今日お見舞いに来てくれた、肺がんのデカ、あと3年が31年、10回手術の腰さんに、「わけっこしましょう」、とひとつプレゼント。腰さんは、前立腺癌で引っかかってるのに、がんの当たり年だから、宝くじも当たるはず!と、10枚バラを2組購入。1組、もらっちゃったー。

虹の会であった時より、顔色いいよね、って、言ってくれました。父のおかげで、インフォームコンセントひとつとってみても、こっちの都合や医療従事者の身を守るため、みたいなお話でなく、相手の状況を見ながら、希望と可能性を秘めたニュアンスで、真実と向き合うお話が出来たらな、と思います。事実でも、まろやかに、守ってあげられるような、より信頼を高めて、なんでも相談できるステップになれる形のインフォームド・コンセントが、いいですね。

今夜のヒット作は・・・トライアングルさんの、スイカのケーキ。ほんのりした甘さと上品な桜色が、また、食べたくなる秘訣です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

贅沢な空間

父がGセンターにいるんだ、というと、みんな「大変だね」という。確かにそうだけど、そのおかげで、出来ることも、同じだけあるから、不思議。まず、だーすきな読書。普段なら、美容院でカットするときに、よし、今日はこれ読もうって、たのしみなのですが、今は電車で読書習慣☆ 今読んでいるのは、池澤夏樹さんの絵はがき屋さん。短編集で軽くて夢がいっぱい。ギリシャに住んでいた人なので、海がきらきら、エーゲ海がつたわってきそう。次に、イラストつきの五行歌のニューバージョン。ぶーちゃんがくれた、スケッチブックに病室で、父がシャワーにいったときに、ちょこちょこっと描いて、色画用紙をマットにすると、結構さまになる作品のできあがり。ぶーちゃんには、怒られる。おじさんにあげたスケッチブックなのにって。ね、贅沢な空間でしょう。

今夜は、岩手の玄米の牛シチューと広島から来た、巨峰と桃をたべました。

ふと、おもったことは・・・元気な人も、病気の人も、自分の残り時間が、1ヶ月だったら・3ヶ月だったら・半年だっだら・1年だったら・3年だったら・・・そんなリスト書き出してみたら、いいのかもって。反対側から見た、目標設定。書き出してみると、ほんとにしたいことと、後回しでもいいことや、人に任せてもいいこととか、あるのかなーって。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

文化放送・新社屋

来週生放送が新社屋なので、浜松町に下見に行き、差し入れを届けてきました。駅からの橋は、友達が作ったので、感無量でした。タリーズ珈琲もあるし、オーガニック喫茶も、禁煙でばっちり。一番うれしかったのは、守衛さんも新しかったのですが、「あ、宏子先生ですか!」と、にこっとよろこんでくれたこと!なんてったって、浜松町は23分でいけるので、四谷三丁目の半分の時間です。

その後、大江戸線で、築地市場のGセンターへ。と、半蔵門のレストラン・トライアングルの佐藤さんが、パンでできた亀さんの甲羅をとると、なかに一口サイズのサンドイッチが入った差し入れを届けてくれました。鶴亀千年だよーって。父も母も私もだんなも、ぽこぽこ食べました。こんな粋で愛の詰まった亀さんは、みたことありません。夜はうなぎがでていました。ぶーちゃんが、今日のおじさん、顔色いいねって。結構食べたもんね。フルボ酸が、効いたかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオが好き

昔から、テレビは見ない代わりに、ラジオが好きで、よく投稿していました。イラストつきのリクエストは、結構採用率も高く、参加型リスナーでした。セイヤング・オールナイトニッポン・パックインミュージック・FM夕べの広場を、よく聴いていたっけ。

このごろは、なかなか聞く時間もないのですが、父に朝5時からは、文化放送、太田英明さんのマナ朝・6時から9時はFMナック5、大野勢太郎さん・お昼は文化放送寺島直正さんのラジオパンチを、一緒に聴こうね、っていってます。時々、リクエストしたり、お便り出したりすると読まれることあるから。おたのしみのひとつになれば・・・ね。

さて、今日の私のラジオは、引越し特番で、ありません。さしいれにでも、いこうかな。四谷から浜松町になるので、私にとっては、大助かりです。来週聞いてね。ゲストは、日野美歌さんですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フェミニスト

今日は、父のところに帯広畜産大学ナンバーワンのフェミニストのDさんが、来てくれました。がんセンターのこの先生で行きなさい、と、調べてくれた人です。

「待つことも子育てのひとつだよ」「一生懸命仕事してる人はいっぱいいるけど、楽しんで仕事する人は少ないんだよ」「木だけ見ないで、森も見るんだよ」「カラ元気もね、元気のうちなんだよ」・・・井深さんのソニーの幼児開発「愛・心・脳」の愛のところのセミナーを頼まれたとき、いっしょにOHPを作ってくれて、いろんなことを教わりました。いつも、速達で郵便をくれる人でした。 「1分でも早く着いたら、その分早く仕事がかたずくでしょ?」と。

奥様が43歳でアミロイドーシスという病気で、わかってから3ヶ月でなくなって、まだすえっこが中学生でした。その3人の女の子を、育てたパパです。だから、いつも、改札口でも分かれ道でも、相手の姿が見えなくなるまで、手を振ってくれる人です。「だって、振り返ったとき、そこにだれもいないと、さびしいでしょ?いつ、最後のお別れになるかは、だれにもわからないことなんだよ」、って彼は言います。

人生や物事の取り組み方や考え方を、さりげなく、静かに、ていねいに、教えてくれた人のひとりです。

父の世界に1冊の温泉五行歌の本を、じっくり、ゆっくり、見てくれました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

数字

病院に行くと、父が、黄疸の数字が、ちっとも下がってこない・・・とがっかりしている。「少しずつ、ゆっくり下がっているんだから、これも治療しているからだよ、していてもあがることだってあるんだから、よかったジャン」と、数字の秘密を説明すると、少し、納得。同じ数字だと、ちっともよくなっていない!と思うけど、その数字を維持していることも、すごい効果ことのときだってあるわけ。目先の数字に、とらわれちゃうけど、ま、ケセラセラでいこうね。

今日は、五行歌フレンドのテルちゃんが松之山の写真集を持って、病室にきてくれて、父が大好きな、松之山温泉の話で盛り上がりました。そして、父の食べきれないいろんなものを、バンバン食べて行ってくれて、大助かり。父は「あーよかった!みてるだけで、おなかいっぱいになっちゃうから、冷蔵庫がからになって、ありがたい」と、大喜び。食べるのも、一仕事、なんだって。

さて、今夜のBGMは・・・♪BEGINで「空に星があるように」♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

贅沢な悩み

父が病気になるまでは、気がつかなかったけれど・・・「やせたいから、食べないでおこう」とか、「太っちゃうから、どうしよう」なんていう悩みは、贅沢な悩みだよね。父は、あんまり食べたくないのに、一生懸命、半分お仕事みたいにして、食べてる。それでも、やせちゃう・・・。ついでに、がん細胞も、やせてくれたらなー。そして、よしっと小さくしといて、ゆっくりほかの細胞に栄養つけていく、新しい、目からうろこの治療法なんて、ないかしらね?

父は直径3センチくらいしか、食べなかった焼き立てピザ、 甥っ子の翔多君が、4枚、ぺろりと食べてくれて、大助かり。そのかわり、父は、お隣のNさんが差し入れてくれた、蕨とにんじんの煮物が、やわらかくっておいしいね、と喜んでいました。

明日、食べたいものは?って聞くと・・・「ない」って言うんだけど、「可能性」「夢」「時間」「普通の生活」・・・そんなものが、思いっきり、お腹いっぱい食べれたら、いいのにね。

あれが食べたい・これが食べたい・って、いってくれたら、なーんでも、手に入れてくるんだけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お気に入り(鹿の子)

今日は雨降り。梅雨や湿気が苦手なウサギが多い毎日です。仕事を終えて、大急ぎで雨の中道路をわたろうとしたら・・・バスが、ピカピカと渡っていいよ、の合図をしてくれて、小さなことだけど、わー、うれしい!とおもいました。3分、早く父の病院にいけるもんね。

父は、直島ののりやおととせんべいより、地中美術館の絵がたのしみで、団子より花なのです。海岸の貝や石や松ぼっくり、並べてきました。今度は、小豆島に行くといいよって。そこにいたブーちゃんと、いつか、行こうね、と約束しました。

雨の銀座もいいな、と思って、有楽町まで歩いて、4丁目にある鹿の子の「杏あんみつ」をおみやげにゲット。杏が4個も入っているので、お気に入りのひとつです。今日も充実 !!、と気合を入れて、これから、アニファの校正、ラストスパート。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

エコツアー

獣医師の集まりで、四国・直島のエコツアーに行きました。豊島に捨てられた不法投棄のごみを、直島に運んで、毎日こつこつ分解分類しています。10年かかるそうです。800万かかって600円の資源になるという、気が遠くなる話です。ごみの行方・ごみの出し方・ごみの使い方・全て、毎日、誰でもがやる作業・・・小中学生の時代に、ここの見学をして、一人ひとりが、地球のお医者さんになるくらいの気持ちで、ごみ問題をいつも心の片隅において生活したらいいですね。地中美術館・家プロジェクトを見て、鯛を釣って、かえってきました。今夜は、鯛のお刺身と煮付けです。

仕事が違っても、ベースは同じで、環境問題から日ごろの悩みまで、学生時代からのお友達との語らいは、明日への原動力。波の音を聞きながら、眠りにつくのも、粋な計らいで、幹事さんに感謝です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カキクケコ「人生訓」

父から、長い手紙をもらいました。家族みんなにあてたものです。そのなかにあった、1枚です。

カ・・・感謝でくらす

キ・・・気力で頑張る

ク・・・苦労に負けない

ケ・・・健康は宝だ

コ・・・恋をしなさい   

ね、いいでしょう!ラストでほわっと決めてるとこが、にくいよねー。♪恋をすると、ちょっぴり背伸びして、すこーし優しくなって、相手の身になって、こころがしっとりするもんね♪

さて、明日は、エコツアー・四国・直島の夏を、お届けします。おたのしみにね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

レストランの出前

今日は,最高のディナーでした。なんてったって、父の病室に、半蔵門のレストラン「トライアングル」のシェフが、コーンスープ・コンソメスープ・ハムのペースト・かぼちゃのプリンを届けてくれたの。みんな、わたしにも、一口、僕も味見、と大騒ぎ。父も、まさかのレストランの味に、食が進んで、笑顔いっぱい。おいしいと、おもわず、ほほえんじゃうんだね。

さて、あっという間の1週間で、日曜日はラジオ、文化放送、昼11時半です。今日は、高齢犬のケアのお話、するつもり。きいてね♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

動物と暮らす

製薬会社にいる後輩の獣医師、I先生が、サクセスクラブで「動物をなでていると、心が穏やかになって、血圧が下がって、心臓病の人にも効果的で、長生きの傾向がある」という話をした時のこと。確かに、生活も規則正しくなるし、話しかけることも多くなるし、張り合いも出るし、散歩で友達も出来るしね、と、みんなも納得。

と、山形で牛の診療をしている先輩が、「面白いデータがあるんだよ、農家の人は、痴呆症にならないみたい」という。牛を飼ってる農家に、往診に行く彼いわく、年をとっていても、みんな仕事を持ってるからかなー。しっかりしてるし、家族が痴呆のお年寄りを抱えて困ってるという話も聞かないし、おじいちゃん、おばあちゃん、牛の世話が出来なくなっても、お茶入れておしんこだして、さくらんぼの世話して、結構忙しいそうだ。

田舎でスローライフ、なんて、あこがれるけど、聞いてみると、手は抜けないし、毎日のことだし、根性ないと、出来そうもないし、ハードです。相手は、お天気と牛で、こっとのペースに合わせてはくれないし、ね。でも、動物がそばにいると痴呆症が少ないとしたら・・・これからの日本の医療財政にも、お役立ちかも?

きっと、育むものがあれば、動物・植物、なーんでもいいのかもね。12日の朝日新聞にも、動物の訪問活動を支援するNPO「デルタ協会」の囲み記事がでていて、そうだ、動物との暮らしのスポークスウーマンに、なろうっと!心にそっと、決めました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お気に入り(弁松)

歌舞伎座の向かいにある、お弁当屋さん、弁松の2号弁当を、買って行きました。裂きイカとお豆が、余分に入っています。父は、なつかしそうにつまんで、昔と同じ味だ!と感動していました。煮物も、味が濃いんだよね、といいながら、ぽこっとたべました。

ぶーちゃんが、はまやの吹きまめを持ってきてくれました。義弟のメロンと、山形のさくらんぼをみんなでわいわい食べました。おいしく食べられることって、ぜいたくでしあわせですね。Kさんのさしいれのふりかけも、ちょっとグルメの金ゴマ入り。みんなで、わけっこ。全国の物産展みたいな夜でした。

病室のお見舞いノートにも、みんなの愛?のひとことが、詰まっています。Gセンターにも、小さなしあわせが、いっぱい、ころがっています。あそびにきてね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

サクセスクラブ 2006.7

月1回のサクセスクラブで、14人、男性・女性・7人ずつ、遠くは山形より参加者があり、盛り上がりました。さくらんぼ、三昧のサクセスでした。上半期を振り返っての自分の総決算でしたが、ホスピス情報も教えてもらいました。茗荷のおすしを作ってきてくれた人もいて、楽しい会合に、さらに味がつきました。

父は、黄疸の数字が下がり始め、少し、食欲も出て、うれしいな、とおもっています。大学時代のBFがお見舞いにきてくれて、弟とも久しぶりの再会で、「おじさんになったね」と成長したお腹を見せ合って?2人で言い合っていました。

ブログが、おおもとのメンテナンスで、2日、書けなかったら、みんなから、どーしたのー?と、みんな心配の声。ブログが消えると、コメントもなくなって、さびしい夜を実感。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今夜の五行歌

渋谷五行会の題詠「紙」で、1席でした。

今夜は

夢の棚卸し

かなったもの

すてたもの

紙に書き出す

歳を重ねたら、出来る夢もあるかも。もう一度、掘り出してみませんか?

自由詠は・・・

画用紙の

余白

途切れた

会話

そこに答えがある

必要な余白があったり、沈黙のなかに、言葉がかくれていたりすることって、あるよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お気に入り(椿屋珈琲店)

今日は、満月。昔友達が、「お母さんは何があっても、太陽でいろ」って言ったので、「どうしてお月様じゃいけないの?どこまでも、ついてきてくれるし・・・。」って聞いてみたら、「だって、月は、満月の日もあるけど、欠けるときもあるから」っていったっけ。

仔猫のもらい手が、また、決まりました。ほっ。ウサギの飼い主さんの、実家のおかあさんのところで,飼ってもらえることになりました.梅さんの言うように、動物がいるから、リハビリがんばろうって、胃がんや乳がんを乗り越えて、今も元気にしてくれている飼い主さん、いっぱいいます。友達って、いいよね。人も動物も植物も、みーんなともだちだもんね。

カビをやってる友達が、父のお見舞いに来てくれて、父もなつかしそうに、よろこんでくれました。帰りに、椿屋珈琲店で、カプチーノ・ホットサンド・フルーツのクレープ・ごちそうになっちゃった!チーズの専門店、ブティック・アロマッシモで、チーズも、「明日、父にもっていってあげれば?」と買ってくれて・・・あーこれもわたしの口に入りそう?父のおかげで、グルメ三昧。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

お気に入り(R25カフェ)

新橋まで、歩いて帰る途中に、「R25」カフェを発見! もともと、輝ちゃんが教えてくれたR25という、毎週木曜日にでるただの本が、お気に入りだったのですが、すぐなくなっちゃうので、入手困難。ここなら、いつでも、あります。日曜日なのに、まだあったから、うれしかったー。そのうえ、禁煙で明るいし、パソコンもできるみたい。とりあえず、お試しで買ってみた、プレーンのチーズケーキが、どこのよりおいしかったので、おすすめ。

あ、そうそう、このR25,弟の勤めている、塾とも、関係していて、びっくり。うちでつくってるんだよ、と聴いたその日に、お店をたまたまみつけたので、感激。

木屋で、ねばねばうどん、ふとメンにしてもらって、あと、クレソンとトマトのサラダ、たべて、かえりました。

もっちろん、お見舞いも。数年ぶりの千葉の親戚のおじさん・おばさんに会ったり、父の寝ている間に、アニファの連載の原稿書いたり・・・。食事は、相変わらず、見ただけでいいよ、というので、友達が送ってきてくれた、かわいいふたつきのお茶碗に、ちょこっともって、何とか食べてます。あっさり・さっぱりしたものが、食べたい、というので、あしたは、ところてん、だそうです。

お向かいの方とすっかり仲良しになって、同じ膵頭部の腫瘍。昭和天皇陛下とおなじだから、いいもん、食べてたんだー?なんていって、笑っていました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お気に入り(びいどろ)

いつものように、父の病室に駆け込むと・・・弟とぶーちゃんがいて、オレンジ色のほおずきが窓辺に輝いていました。そこへ、高校時代の同級生、永田町でレストラン『マリーン』をやっているマーちゃんが来て、ミニ同窓会になりました。マーちゃんのお父さんも、悪性リンパ腫で今年が7回忌。いつも、珈琲をおごってくれたり、毎年私宛に年賀状くれたりしたっけ。

お隣に入院してきた外人さんにも、ほおずきをおすそわけ。これは食べられますか?と聞かれて、ノー、見るだけ、って言いました。LookingかSeeingか、迷ったけれど。

遅刻してきた夫も合流。そして、2人で珍しく銀ブラ。スペイン料理の「びいどろ」へ。グラダナ・トレド・ラマンチャの丘・・・学会で行ったところを思い出しながら、ホワイトアスパラとトマトのサラダや地鶏とオリーブとスペインのパンをたべました。

今夜のBGMは、荒井由美さんで「優しさに包まれて」♪  小さいときは、神様がいて、なんでも願いを、かなえてくれた・・・♪

「ごはん、もっとたべたほうがいいよ」と言うと・・・「3歳のときから、もうずーっとたべてきたから、あきちゃったよ」という父です。今日から、点滴がはじまりました。

そうそう、今日は文化放送、11時半から。犬の赤ちゃんのお話、するつもり。松原のぶえさんも、ね。きいてね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

お気に入り(今半のすき焼きコロッケ)

夜は、父のGセンターへ。弟とぶーちゃんが、来ていました。今半のすき焼きコロッケ、父に持ってきてくれたのに、父は半分くらいしか食べないので、私が、パクパク。人形町の卵焼きも。ここにくると、おいしいものが、いっぱい。病院の塩鮭も、甘塩でおすすめ。さすが、築地が近いだけあって、お魚は、おいしい!築地市場の駅は、魚のにおいがたちこめているだけのことあり。「オーちゃん、おとうさんの見舞いに来ているんじゃなくって、ご飯食べに来てるんでしょう!」と、ぶーちゃんに言われ、あわてて「洗濯物は?」なんて、ごそごそ、つめこむ。

県立Gセンターも、本の移動図書館が木曜日だそうで、こっちも、きのう、山田詠美さん、なんて普段読まない方の『A2Z』というタイトルの本かりて、ちょっと、ごきげん。座れた時は、先日の学校動物の飼育指導のときの小学校の先生方からのQandAの答えの下書き.立ってるときは、文庫本、というわけ。 なんと、充実している日々!父は、先生方の感想文のアンケートを、丁寧に読んで、よろこんでいました。

考えてみたら、こんなに、自分の仕事の中身を、全部、くまなく見せたことって、なかったなー。病気は、わるいやつだけど?いいこともしてるんだよって、ぶつぶつ、いってるかもね。がっちゃん、とでも名づけて、かわいがってあげたら・・・ずうーーーーーっと、いい子にしててくれるかしらん? なんて、科学者の端くれが、非科学的な発想になる夜です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

東京国際ブックフェア

友達が、この会場に行った帰りに、父のいるGセンターに、寄り道してくれました。昔の本を、バーゲンで買ってきてくれて、父は懐かしそうに、喜んでみていました。活字の時代に、編集の仕事をしてきたので、いきいき・きらきら・していました。

私の原画の販売をしていて、山形も一緒に行った,アイ・スペシャルの後藤さんも、額装した私の絵を持ってきてくれて・・・病室は、今日から原画展開催中で、さらににぎやかになりました!フォトポエムやイラスト付き五行歌の本「しあわせポッケ」も、看護婦さんの間で、人気です。Gセンターの一隅に、藍ワールドができちゃったみたい。

みなさんのおかげで、感謝・感謝の入院生活を、送っています。 帰りに、大手町のニューウエイズを、おともだちが紹介してくれました。環境を守ろうというポリシーの会社の製品でした。とりあえず、シャンプー・リンス・水・あたりから、試してみようかな。

そうそう、「夏のサンダルは、満員電車で踏まれたら、病院にいけなくなるから、やめなよ」と、友達にいわれて、なーるほど、っておもいました。みんなも、サンダル、気をつけてね♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今夜の五行歌

うれしいことに、コメント数が、200を超えました。藍ちゃんのブログ、というより、みんなのブログになりました。願ったり、かなったりの出来事なので・・・ここで、本邦初公開、温泉大好きな父の五行歌。

こっつは

さぐら満開だっぺ と

山形だよりに誘われて

蔵王の露天風呂へ

至福の大型連休を喜ぶ

ついでに、父の短冊・・・つるしてありました。「病で知った 『家族の輪』 いつまでも強く結ばれて・・・。」

大丈夫!友達・本・好きなことが財産で、後は、自分で作るもの、というポリシー。飛びぬけて優秀なのは、いないけど・・・みんななかよしだから、輪を和にも変えて,ほんわか広げていけるから。

そうそう、父の病室に、毎日五行歌で、ハガキの点滴、くれるガールフレンドもいるの。81歳、もてもてでしょ? みんなのエネルギーもらって、早く元気にならなくちゃねっていったら・・・なーに、あわてることはないよ、だって。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お気に入り(ウエストのリーフパイ)

わたしの中学の同級生、ぶーちゃんが、父の病室に笹と短冊を持ってきてくれました。丁度、うちの子供たちと私の弟も来ていて、しごとを終えて駆けつけたわたしと、みんなでわいわい、短冊に夢を書きました。父の短冊は、昨日と同じ、まだ、まっしろでした。ノートに、きちんと、はさんであったので、いろいろ考えているのかも・・・。

帰りは、みんなで銀ブラ。お気に入りのチャイのお店でお茶をして、解散。新橋まで歩き、自分にご褒美で、ウエストのリーフパイを5枚買いました。珈琲は、奮発して、ハワイコナをうちの近くのビーンズさんで。濃いめに煎れて、ミルクを3分の1たして、ペット情報誌・アニファの校正を。

宮崎の小林市のオコタンペコという、お友達の喫茶店から、メロンとマンゴが届いていました。みんなに応援してもらって、幸せ家族だね、って、いってます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

七夕の願い事

みんなの七夕の願い事はなあに?今夜の五行歌

七夕の

ねがいごと

何にした?

あなたの夢が

私の夢かも

つくの商店街にも、七夕かざりが、できています。「おこずかいが、ふえますように」「おたまが、よくなるように」
「犬が、かえますように」「ワールドカップにでれますように」

Gセンターにも、大きな七夕が、あります。「小児科医になって、小さな命を助けたい」「がんよ、小さくなれ。お前を、好きになりたい」「わたしわ、ままの、がんが、なおりますように」「おじいちゃんのびょうきが、よくなりますように」「早く、家に帰って、元通りの生活が出来ますように」「00、よくがんばってくれた」 どれも、これも、涙なしでは、読めません。

父のところにも、短冊が、届いていました。まだ、何も、書いてありませんでした。
わたしたちも、そっと、つるしてきました。
夢は、みるものではなく、かなえるものなんだよ、って教えてくれた、ともだちが、いたっけ・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

お気に入り(マザーリーフ東銀座)

6月28日からの「銀座の女」も板に付き、特急の時間・乗り継ぎ・どこが改札口に最短距離かはもちろんのこと、病院内の洗濯機とランドリーもマスター。スカイレストランに喫茶店も見つけ、しかも、レストランのものを病室に持ち込めることも発見!

さらに・・・イケメンの男の子がいて、禁煙のレストラン、Gセンターそばの「マザーリーフ」東銀座店も、お気に入りにリスト入り。取り皿をいわなくても持って来てくれたり、隣のテーブルをくっつけて座席を広くしてくれたり、気の利くスタッフが勢ぞろい。

オー、これも父のおかげ。父が言うには「人それぞれに神様にもらってきた寿命があって、がん細胞が動き出したときには、その合図で、そこからの生き方が、自分にも、家族にも、周りの人にも、大切なのかもしれないね」

Gセンターの七夕は、つくの商店街の七夕の願い事と違って、涙なしでは、読めません。重くて、深くて,濃い、願い事です。みんなが、こころとからだ、げんきになりますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

文化放送

今日は、文化放送、11時半から。猫がいなくなったら・・・です。それと、マイクロチップのお話も、できたらいいな。Gセンターで、新しくお友達になった方も、聞いていただけそうで、父は、わたしに、いくつになっても、いろんな宝物をくれます。ふくらんでいく宝物って、いいよね。

動物病院でうれしいなっておもうことは、飼い主さん同士のあったかい心が、みえること。自分の動物だって、重態なのに、相手の方に、「おだいじに・・・」と、声をかけてくださったり、「あの子はどう?」と、気にかけてくださったり・・・。Gセンターの仲間もそう。厳しい状態にいても、がんばってねっと励ましてくれたり、こうしてみたら、と教えてくれたり・・・。

元気だと、自分のことしかしていなかったり、ちょっと立ち止まって出来ること探す時間を、見失っていたり・・・。

2006年の後半が、始まりました。小田原のM先輩から、墨でFAX「押忍!・暑中見舞い」元気出せー!HeartにMelodyだぁー!だって。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ネーミング

ネーミングって、大切だなって思うことが、よくある。たとえば、フードの名前。しゃれていても、わかりにくかったり、長すぎたりすると、覚えにくくて不便だし、CM効果が今いちになる。

おとといから、父の闘病日記の表紙は、「Gセンター闘病記」になっている。がんセンターよりGセンターのほうが、GoodのG みたいで、なかなか見栄えもよく、安心感が漂う。そう思って見つめていると・・・Great、偉大な・優れた・すごいのGかもしれないし、Get、チャンスや幸せを手に入れるのGかもしれない。いっそのこと、父の案を取り入れて、「Gセンター」にしてみたら、イメージが、マインドコントロールにつながって、免疫力がアップしそう。

今夜の父は、黄疸がちょっと取れていて、ほっとしたわたしです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »