« パーソナリティーのささやき(12) | トップページ | 家庭訪問 »

心を伝える方法

動物看護師さんの専門学校や、動物看護師さんとして、お仕事している10代・20代・30代・40代のみんなの悩みは、どうしたら、心を伝えられるかな、です。そこで、コミュニケーションの3つのポイント。

1・・・聴かせていただく

2・・・わからせていただく

3・・・ほめて認める

これなら、患者さん・院長・スタッフ・恋人・結婚相手・親子・友達・上司・部下・先生・生徒・・・だれとでも、この3つでOK.。

それと、「イエス・イエス・ノーの原則」 うん、そうだよね、と、2回までうなづいてから、でもね、だけどね、と、言いたいこと・伝えたいことを、そっとささやく。

簡単そうで、難しいけど、やってみてね。

|

« パーソナリティーのささやき(12) | トップページ | 家庭訪問 »

コメント

「心をつかむ」難しいことだね。刑事が難しいホシを調べるときも同じ。まず相手をよく知ること。生まれ在所から調べる。
自分が思うとき、笑わせる。嘘を付かせる。泣かせる。そして同じ涙を流す。そこに心の入り口や鍵が見えてくる。「心には心」で接するより他に道はない。人の心ほど複雑で壊れやすいものはない。簡単につかめないのが当たり前。無理しないで、焦らないことが肝心。上手く言えないでごめん。

投稿: 迷探偵 | 2006年5月18日 (木) 06時02分

心を「伝える」「つかむ」どちらも難しいね。でも藍ちゃんの「3つのポイント」と「イエス・イエス・ノーの原則」そして無理せず、焦らない…心がけてみます。私もまだまだ修行が足りないなぁ~。勉強になりました。

投稿: こころ | 2006年5月18日 (木) 16時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/10119965

この記事へのトラックバック一覧です: 心を伝える方法:

« パーソナリティーのささやき(12) | トップページ | 家庭訪問 »