« 家庭訪問 | トップページ | 職業病 »

江戸しぐさ

朝日の金曜日の夕刊は、楽しい。なぜって、江戸しぐさのシリーズがあるから。みんなが忘れかけている江戸しぐさ。今日のは、「戸締め言葉」は野暮、という話。でも・だって・しかし・そうは言っても、は、口癖にしないように。「刺し言葉」は、水かけ言葉で、心ない言葉で、いじめや戦につながる・・・など。ビジネスマナーの原本のような話が、さらっとでてる。

もうひとつ、見逃せないのが、石原良純さん(お天気キャスター)の、「あした天気に」。この人のコラムもなかなか元気になれる。台風の晩は、女性を口説きやすい、なんてのんきなことを言ってる輩(やから・価値観がちょっと違う仲間)がいるけど、台風の夜は、出歩かないで、なんて粋なフレーズで、締めくくるから。

さて、今夜のBGMは、Kiroroの「長い間」♪ 忙しい人とのデートは、贅沢いえないけど、せつないよね?懐かしい歌で・・・おやすみなさい、また、あした。

|

« 家庭訪問 | トップページ | 職業病 »

コメント

今朝のは面白い!!
台風が来たら口説いてみるよ。そう言えば昨日広島には早くもは台風が来たっていってたね。
今日は盆栽をあげた家へ家庭訪問。元気でいるいることを願ってる。植え替えしたくてもできないほど、息も絶え絶えになってるのを見るのは辛い。水のやりすぎ、肥料のやりすぎ、日光不足(家の中に入れたまま)など大事にし過ぎたのが原因だから文句も言えない。持って帰って入院させるより方法がない。一命を取り留めても元の姿に戻るのに3年から5年かかる。植物育てるには愛情・愛情,根気、辛抱が必要。気短だけど植物だけにはそれができるから不思議だね。

投稿: 迷探偵 | 2006年5月20日 (土) 06時09分

以前、駅のホームで江戸しぐさに関するポスタ−をみつけました。
傘を差してすれ違う時は、お互いにちょっと逆に傾けて会釈して、とか、乗り合いの船で、新しい人が入って来たら、ちょっと腰を浮かせて半身譲るとか。
軽い会釈というのは、してもされても気持ちがいいものですね。

投稿: 田頭洋一 | 2006年5月20日 (土) 15時49分

 毎度、毎日更新頑張ってますね。
'残しておきたい江戸情緒、下座のお囃子、寄席幟(のぼり)'というオープニングで、玉置宏が石亭を勤めるラジオ名人寄席に
江戸が残ってます。
 新聞は、日曜版の本の紹介が楽しみですが、それにでてくる
のはほぼ新刊なんで、すぐには読めないのがつらい。

投稿: ホーソン | 2006年5月20日 (土) 18時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/10146375

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸しぐさ:

« 家庭訪問 | トップページ | 職業病 »