« 子猫のもらい手 | トップページ | 原画展 »

パーソナリティーのささやき(11)

   見えるラジオに

「あのね、ウサギの前歯って、1年で10センチも伸びるの」と、私が言うと・・・Kアナウンサーは、「うっそー!」と言って、両手で机をバーンと押して、椅子ごと後ろへすっとんでいった。そ、そんなに驚かなくたっていいじゃん。見えるわけじゃないし・・・と、心の中でつぶやく。ずるずると椅子を前に戻している彼。こっちのほうが、びっくりしたほど。

あとで聞いてみたら、ラジオは見えない分、十二分に伝えないといけないんだって。先輩アナに、「『見えるラジオ』『香るラジオ』『ふくらむラジオ』にしなければ」、と教わるそうだ。テレビのアナウンサーよりラジオのアナウンサーのほうが仕事が難しいし、技術力も上といわれることがあるけれど、それがわかる気がした。

人生も、みえないところが大切なことって、大いにあるよね!

明日はラジオ、文化放送1134.昼11時半から、『宏子先生の動物クリニック』きいてね。

|

« 子猫のもらい手 | トップページ | 原画展 »

コメント

「人生見えないところが大切。」そうよ。それは「こころ」だよ。こころは見えないから、大切。
心の付き合いって大切だと思う。
人生ってそれを探し求める旅かもしれない。ウーム。
ズート、探せずに旅が終わるかもしれない。それが人生。

投稿: 腰 | 2006年5月12日 (金) 21時44分

ウサギの歯1年に10センチも伸びて、それからどうなるの?教えてください。
「宏子先生の動物クリニック」聞いてるよ。先生の優しい心がヒシヒシと伝わってくるよ。今日も頑張って!!聞いてるからね。あちこちで宣伝してるから少しずつファンが増えてると思うよ。

投稿: 越 | 2006年5月13日 (土) 04時59分

ウサギは、前歯も奥歯も一生伸び続ける動物なの。モルモットも。草をいっっぱい食べていると、上と下の歯同士が、すり合わさって、うまく削れていくの。でも、不正咬合と言って、上手に削れないと、噛みあわせが悪くなって、食餌が食べられなくなっちゃうの。それで、変に伸びた歯は、けずったり、切ったりしないといけないの。

投稿: 藍弥生 | 2006年5月13日 (土) 07時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/10034760

この記事へのトラックバック一覧です: パーソナリティーのささやき(11):

« 子猫のもらい手 | トップページ | 原画展 »