« 結婚記念日 | トップページ | 読売新聞・2006・5・7号 »

パーソナリティーのささやき(10)

    いつだって、「おはようございます」

休診日に、某動物看護師の専門学校で、ビジネスマナーの講師をしている。そこでは、朝の11時までは「おはようございます」、 11時から午後5時までは「こんにちは」、5時からは「今晩は」とこまかく決めて、生徒さんに教えている。

ところが、ラジオのスタジオに入ると、一瞬、芸能人のような気分になってしまう。なぜなら、昼だろうと夕方だろうと夜だろうと「おはようございます」でスタートするから。なぜ、いつだって、おはようなんだろう・・・。

ある人は「その日初めて会うからじゃない?」 ある人は「疲れていてもシャキっとするからかも」という。両方とも正解のような気がするけれど、ほかにもいわれがあるのかもしれない。おはようのわけ、知ってたら、おしえてね。

今日は、ラジオ、[宏子先生の動物クリニック」文化放送朝11時30分から、ゲストは、水前寺清子さん。きいてね。

|

« 結婚記念日 | トップページ | 読売新聞・2006・5・7号 »

コメント

学生時代にいわゆる水商売のバイトをしていた時、周りの人達はいつも「おはようございます」でした。
理由を聞くと、勤務開始時間が人ぞれぞれ様々なので、おはようでまとめているとのこと。職が違えば、常識も異なるというところでしょうか。

投稿: 田頭 | 2006年5月 7日 (日) 03時10分

「お早うございます」広辞苑で「お早う」は「オハヤク」の音便、朝の挨拶の言葉。となっていてそれ以上は説明がない。確かに水商売でも夕方でも一番先にあったときの挨拶は「お早うございます」だよね。放送局なんて中に入ってしまうと夜も昼も分からないからそうしてのかもしれないよ。変わり者が多いから・・・(失礼)何もないよりあった方がいいから。家の近所でも挨拶もしない人がいるよ。挨拶できない奴は変わり者だよね。こんなこと考えてると、眠れなくなっちゃうから。
今朝はもう雨が降り出して庭にも出られないから放送聞くよ!。頑張って!!!。庭は今、「姫うつぎ」が藍ちゃんのような純白の可愛い花を健気に咲かせている。花の命は短いが綺麗に咲くのが一年一回の精一杯の挨拶なんだね。

投稿: 腰 | 2006年5月 7日 (日) 06時32分

あ・・・明るく笑顔で
い・・・いつでもどこでも
さ・・・先に元気に
つ・・・続けて一言心を添えて

ビジネスマナーの授業では、動物看護師さんの卵たちに、こんな風に、お話しています。あいさつ上手は、一生の宝物だよって。

投稿: 藍弥生 | 2006年5月 7日 (日) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/9932610

この記事へのトラックバック一覧です: パーソナリティーのささやき(10):

« 結婚記念日 | トップページ | 読売新聞・2006・5・7号 »